専門学校のマンガ学科卒業後の進路を考える

自分のなりたいマンガ家

マンガと一口に言っても、ジャンルは様々です。人によって好みも大きく変わってくるでしょう。マンガ家を目指そうとしている人は、主にどのようなジャンルがあるのかを把握しておく必要があります。自分に合ったジャンルを見つけてみましょう。

マンガのジャンルリスト

  • バトルやアクション系
  • ギャグやコメディ系
  • 恋愛やラブコメ系
  • 異世界やファンタジー系
  • 日常系
  • スポーツ系
  • 職業や業界系
  • ホラーや怪奇系
  • ミステリーやサスペンス系
  • グルメや料理系

専門学校のマンガ学科卒業後の進路を考える

絵

アシスタント先の紹介

専門学校のマンガ学科を卒業する場合、アシスタント先を紹介してもらえることが多いのです。専門学校によっては、マンガ業界とのコネクションを持っていることがあります。雑誌などで連載中のマンガ家の下で働くことができるので、様々なノウハウを吸収することが可能です。より短期間の内にプロのマンガ家としてデビューが狙える方法の一つと言われています。

出版社に作品を持ち込む

マンガ家になるための方法として最もポピュラーな方法が、作品の持ち込みです。持ち込みに制限はないので、何度でも作品を見てもらうことができます。専門学校に通っている間から出版社に作品を持ち込む人もいるのです。また、コンテストなどに出場するのも良い方法でしょう。地道な努力をすることによって、マンガ家としてデビューできるようになるのです。

マンガ完成までの流れ

ネームを書く

マンガ家の仕事として有名なのが、ネーム作成です。ラフ画などとも呼ばれますが、大まかなストーリーやマンガの構成を書きます。そして、一旦編集者にチェックしてもらうのです。基本的に鉛筆のみでネームを作成することが多いでしょう。ペン入れはまだまだ先です。

ネームの修正

通常、ネームが一回目で編集者に認められることはありません。修正と確認を繰り返します。また、マンガ家と編集者で細かく話し合いながらネームを作成していくでしょう。どちらも面白いマンガを作るために、必死になってネーム作成に取り組むのです。ほとんどのマンガ家がネームの作成に最も時間を使っていると言われています。

下書き

ネームのラフ画にしっかりとした下書きを施していきます。ほとんどの場合、ネームは大まかの流れとキャラが分かる程度の絵だからです。素人が見ると、何が何なのか分からないことも多いでしょう。ペン入れ前にきちんと下書きをすることによって、より丁寧な作業が行えるのです。よりマンガらしい見た目になってきます。

ペン入れと仕上げ

下書きを書いた後に、いよいよペン入れを行います。ミスをしないように丁寧に作業を進めていくでしょう。また、ペンだけではなく、消しゴムかけやベタ塗り、トーン貼りなどの仕上げ作業も行います。この仕上げ作業をすることで、より表現力を高めることができるのです。最後にしっかりとミスがないか確認すればマンガの出来上がりとなります。

広告募集中